トウシューズのフィッティングと足について、気が付いた事、伝えたい事を記録していきます。


by アルファ コンディショニングバレエ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:バレエシューズ( 6 )

お預かり品のポワント達を新たな保管庫へ移動し、
すっかり安心していたらもう4月です。
思い出したように引っ張り出してきたような感じでスミマセン;
バレエシューズの比較です。

a0342800_00393359.jpg
左:PARIS 右:Pro-MESH サイズは共に8・W(広幅)

a0342800_00400971.jpg

a0342800_00395138.jpg


少しずつ浸透してきている(と思われる)2種です。
両方とも少し伸縮性のある厚手の布タイプです。型、大きさもほぼ同じです。
爪先は丸型。尖ったタイプの足だと、小指側がブカブカ余ってしまうと思われ、
迷ったらフィッティングを。

◎PARIS
 甲~土踏まず部分と、踵部分に分かれています。
 輪っか状のゴムをくぐらせて履きます。踵が浅く、ゴム無しだと脱げます。

◎Pro-MESH
 指の付け根部分の底が分割していて、ルルベがしやすいです。
 土踏まずはメッシュ、蒸れ防止になります。夏場に良いかと。



[PR]
by pointeshoes | 2017-04-03 00:50 | バレエシューズ
a0342800_21473677.jpg

a0342800_21474191.jpg
:シルビア・サザンクロスⅡ 24.5cm M :サンシャ 1C(Pro) 9W

リサイクル市場に掲載したバレエシューズです。
2足とも同じ委託者さんからお寄せいただきました。

サイズ、幅とも同じ位、
異なるのは、爪先の形です。
シルビアはやや先細、サンシャは丸いです。

トウシューズほどフィッティングの難しさはありませんが、
動きの邪魔をしない、が鉄則です。

サイズは合っているのに、
爪先がブカブカして動きづらい
キツくて指が窄んでしまう
と思ったら、
自身の爪先とバレエシューズの先の形が合っていませんし、動きの制限がかかってしまいます。
今一度確認してみましょう。


[PR]
by pointeshoes | 2016-10-09 22:19 | バレエシューズ
バレエを始めた時に購入したバレエシューズが、
3ヶ月程できつくなった、又は緩くなったという声を、フィッティグをしていて多く聞きます。
我がスタジオでも半数以上は居ます。

バレエシューズが縮んだり伸びたりするのでなく、足の方が変化します。
足の指が伸ばせるようになったり、緩んでいたアーチがきゅっと締まってきたりで、
中には、ワンサイズ変わってしまう人も居ますね。

足は使ったままに変化します。
都度買い替えないまでも、注意深く観察していくと面白いですヨ。
[PR]
by pointeshoes | 2013-04-17 09:41 | バレエシューズ
a0342800_16061586.jpg
左:ウェアモア 右:シルビア


当方ショップで扱っているバレエシューズの中で、共に人気のシューズですが、
シルビアのサザンクロスⅣは、ウェアモアを参考に作られたとのことで、
よく似ています。(というかほとんど同じ)

大きく異なるのはお値段でしょうか・・。
ウェアモアは2,700円、シルビアは2,048円。

床を感じやすい反面、底が薄いので、
固い床や、ジャンプ物の多いレッスン時は、土踏まずの弱い方は注意して下さい。
[PR]
by pointeshoes | 2012-05-28 22:42 | バレエシューズ
このところ、自分の足に合ったバレエシューズが無くて困っている、という声をよく聞きます。

国内メーカーはどれも幅が広すぎて、仕方なく海外メーカーの細幅を探しているというもの
です。
確かに、トウシューズの幅展開が豊富な反面、バレエシューズは普通幅のみ、
または普通幅と広幅といったところです。

その点、シューズで有名な海外メーカーでは幅が4~5種類、シューズの型も豊富で、
選択の幅が一気に広がります。

バレエシューズもサイズや幅だけでなく、バンプや踵の深さ、爪先の広さ、ソールの位置、
ボールの大きさ等々、足に合うかどうかを見極めるチェックポイントはトウシューズ並です。

今後のバレエ人生が変わる位の、ぴったりのバレエシューズ探しも、
また奥が深いものです。
[PR]
by pointeshoes | 2011-07-31 01:58 | バレエシューズ
バレエシューズは、足の裏が使えるよう薄べったく作られていますが、
医学的に、子どもの土踏まずが形成されるのは3~8歳位とのこと。

レッスンはせいぜい週1~2回1時間程度と、ほんの少しの時間であっても、
この間ずっと走ったり跳んだりが続けば、足への衝撃はかなりなものです。

と考えると、しっかり足裏をサポートしてくれるフルソールのタイプを選びたいです。

時折、お値段が安いか高いかでシューズを選ぶママさんがいらっしゃいますが、
お値段があまり安価なのは、外から見えない部分、
特に底の造りが簡素なのが目につきます。

あまり簡素なのは、土踏まずの成長を妨げます。

底はバレエシューズで一番重視したい部分です。
どんなに高くても、小さいお子様のサイズだと2,500円前後位。
良い土踏まずを作るのは、ママさん次第です。
[PR]
by pointeshoes | 2010-08-24 23:44 | バレエシューズ